Takamatsu Multi Luare Fishing Blog

子供と楽しむ?フィッシングショー大阪 後編

息子の参戦で 予定が狂い始めたフィッシングショー大阪2019、今回はなんとか6号館にたどり着いてからの話。

前半戦の話はこちら

JACKALLは子供向けにも

SHIMANOの後に訪れたのが、隣にあるJACKLLにはキッズコーナーでは、オリジナルのキーホルダーを作るイベントがあり楽しめた。

今まで気づきもしなかったけど、こういった子供向けのイベントを用意しているメーカさんは少なく、そんな中子供も大人も楽しめるブースを準備しているJACKLLは良くやってるなと思った。

ささめ針、フィッシュでビンゴ

ささめ針では、300円のカタログを購入するとチャレンジできるフィッシュでビンゴでブラクリ仕掛けをGet! これは使えそう。

そして、息子が右手に持っているのが、「ささめ針風船w」これが曲者だった(汗

袋に入らない上に、無駄にでかい。

いいサイズの風船、人が大勢いる会場で、扱いを誤って爆発事故なんてやらかすと、えらい事になりそう。

持っていると片手がふさがってしまうので、トイレで慎重に結び目を解き空気を抜いて、袋に入るサイズまで小さくしてなんとかピンチを脱出。思いもよらない強敵だったw

土肥富ではトークショーに

私がMainで使用するレンジクロスフック、レンジクロスヘッドでお世話になっている土肥富では、「あおむしの釣行記」で有名な、テスターの矢野さんのトークショーに、参加者は50人ほどで、周りを見ると、良く見るエキスパートの方々も。

トークショーの内容はレンジクロスヘッドの開発秘話から、アジングの話までと、面白い内容だった。

トークショーの後の抽選会では、滅多に抽選に当たらない私が、なんとアタリをGet!!
中身はレンジクロスヘッドに、オリジナルキャップ、ステッカー

キャップは子供が気に入って、家に帰るまで被っていました。土肥富さん、ありがとうございます。

最後は、大阪湾環境保全協議会

土肥富でトークショーを見た後、6号館をウロウロしていて、息子が食いついたのが、大阪湾環境保全協議会のワークショップ「チリメンモンスターを探そう!」

未選別の「ちりめんじゃこ」の中から、虫眼鏡とピンセットを使って、様々な魚の稚魚を探し出すワークショップ、午前中にはタツノオトシゴなんかも出たとか。

息子が見つけたのは、太刀魚、エビ、カニの幼生(コレがメバルの餌になってるのか)、と

しゃわら(サワラ)

平仮名を書くのがまだ怪しい息子、、、しゃわらは大ウケだった。

 

結果「子供フィッシングショー、楽しめた」

今年のフィッシングショーは子供と回ったお陰で、普段見るような場所はほとんど見れず、メーカさんと話す機会も全然ありませんでした。

ただ、いつものフィッシングショーとは違った目線でメーカさんを回れた事、息子も迷子にならず、最後まで楽しんでくれた事。が子供と回るフィッシングショーの収穫だった。

今回の戦利品、子供と回ると、小学生以下限定、やDYFC記念品等、特別な商品を貰えるので、集合写真を撮るとなかなか華やかな物に。

最後に、息子に質問

私:「来年も来る?」

息子:「うん!!!」

あぁぁ---ありがたいような 困ったような。。。
来年はおっさんばっかりで行きたいな、子連れはは再来年ぐらいで(汗)

 

Comments (2)
  1. ぶうやん より:

    お疲れ様です!
    収穫沢山のフィッシングショー、良いですね〜!何より息子さんが喜んだのが微笑ましいです。夜の海でタカさんと並んでルアー投げる姿を見るのも もうすぐかもですね!笑

    1. taka_sinyatyoukou より:

      お久しぶりです!!
      うちの子、すぐ気になる所に走っていく性格なんで、迷子にならなくてよかったですw
      息子と夜釣りにいけるようになると楽しそうですが、もう少し我慢ですね(汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。