フィッシングショー大阪2020(大手メーカ編)

毎年恒例の家族旅行に相乗りしてのフィッシングショー大阪、今年はコロナウィルスに警戒して息子は、母親とコストコへ買い物に行き、2年ぶりに身軽にフィッシングショーを楽しめた。

それでは、20フィッシングショー大阪で気になった物を紹介していきます。

まずは、DAIWA SLP WORKS

本体のDAIWA、アフターサービス担当のSLPWORKSと2つの展示ゾーンを設けていたDAIWA、今回の目玉は20LUVIAS、1月下旬にはフィネスカスタムが既に発売され、私もフィッシングショー前日にFCLT2500Sが届いたので気になる事を色々聞いてみた。

Q1:スプール互換について

2500、2000番どちらもスプールサイズは異なるが1000番サイズのボディーを使用したリール、もしかするとスプール互換があるのでは?
A1:
ボディサイズは、同じだが、ローターサイズは、2000、2500番それぞれサイズの異なるサイズを使っていて、オシレーションの上下ストロークも異なるため、2500番に、2000番のスプールの取り付けは不可能。

Q2:SLPWORKSスプールについて

LTリール用のアルミスプール、エアスプールに比やたら安いんだけど、20ルビアスにも使用可能?
A2:使用可能。
替えスプールは、スプールベアリングも1個追加になるので、おススメです。

DAIWAカタログが復活

今年は、製本されたカタログが復活(去年はWEBカタログだけだった)、こういうのは、画面で無く本で見れるほうが絶対良いはず。

SHIMANO

コロナウイルスのせいか、全体的に空いていたフィッシングショー、ただここだけは相変わらず渋滞ゾーンだった。今回気になったのは、ワールドシャウラドリームツアーエディションとスコーピオンロッドの追加ラインナップ。

ワールドシャウラドリームツアーエディション

ラインナップが一新され、ミドルネームにドリーム「夢」が付いた、40代キラーの5ピースロッド。初代シャウラの黒、初代ワールドシャウラの青、そして第三世代ワールドシャウラのスーパーレッド。それぞれのイメージカラーを身に纏った外観は

もの凄く、びゅーてぃほぉー!!!

思わず持って帰りたくなるようなロッドでした。

ロッドラインナップには、スコーピオンの5ピースには無い、パワー表記4番(1604RS-5)や、8フィート台のスピニング(2832RS-5)も、遠征で大物を釣りたい、おっさんの夢をかなえる、理想のロッドだ。

スコーピオンロッド追加ラインナップ

19年のフィッシングショーで、気に入り即買いしてしまったスコーピオンロッドには、ついに4番のスーパースローテーパーベイトモデル(1604SS-5)が追加、鬼合わせでロッドをブチ曲げる!!、こんな芸当が5ピースロッドで手ごろな価格で手に入る。

さらに、スピニングモデルには、0パワーの、ライトゲームモデル(2600FF-5)が登場。これは出張先でシーバスや、メバルにも使えそう。

カタログはフリースタイルが別紙になって、かっけぇー

SHIMANOのカタログは、ワールドシャウラ、スコーピオン、ボーダレス魚種を選ばないフリースタイルロッドが別紙に、表面にはスコーピオンがプリントされた真っ赤なカタログで「かっけぇー」素晴らしいオッサンキラーなカタログに仕上がっています。

大手メーカ編でした。DAIWA、SHIMANO共に今年も気になる商品がててんこ盛り、また物欲が湧きそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。