2020年5月のまとめ

私の住む香川県にも、4月末にコロナウィルスによる緊急事態宣言が発令され、よりにもよって家族内に自粛警察が現れるという不幸に見舞われ、メバルのピークを完全に逃してしまった5月のまとめ。

いつもと違うゴールデンウィーク

いつもなら、県外遠征に出かけているはずのゴールデンウィーク、今年は、外出する事も無く、毎日だらだらした日を過ごしてました。
この時期SNSでも釣果投稿を自粛する動きがあり、インスタやTwitterでの県内釣果の投稿が激減していました。

あまりにも暇すぎるので、パソコンをカタカタやって、香川県の水産試験場から、1日に1回自動で水温をぶっこぬいて、屋島、引田、燧灘の水温を同時にグラフ化して、WEBページに埋め込むシステムをGAS(Google Apps Script)で作っていました。

半月ほど運用してみましたが、ちゃんと水温を毎日自動でログ化して、下記のようにグラフになっているようなので、あとは、気象庁の降水量との連動表示がうまくいけば、メインページに貼ってみようかと思います。

毎回思うことなんですが、屋島湾の水温って、ほかの2か所に比べて、2、3℃低いですね、計測する水深の問題でしょうか?

赤潮の発生や、魚の入れ替わるタイミングを教えてくれる水温、毎年の釣果と天候を重ね合わせると、面白い発見があるかもしれません。

釣りに行けないのにNewロッド届く

フィッシングショー大阪で、デザインにほれ込み、懐かしさから発売前に予約していたモバイルロッド、ZoomSafari ZMSS-404ULが届きました。
このロッドは淡水の小魚釣りを始める為に用意したもので、4フィートの超ショートロッド

月末には、外出禁止も解かれたので、6月はこのロッドもって淡水魚探しに行ってきます。

月末、ようやく海へ

月末、緊急事態宣言が解除されようやく海へ、復帰第一戦は、同僚が釣りを始めたので、

「ミッション:初めてのソルトルアー、何とかシーバスを釣らせろ!!」

なんでも釣れるロッドが欲しいと、SHIMANOのルアーマチックを買ってしまった同僚に何とか初シーバスを釣ってもらいたいと、この時期シーバスが好調になる場所へ、ここはシャローエリアからの、引き始めの流れで、一気に魚が入ってくるポイント、

しかし、久しぶりの海を楽しみながら、ルアーを投げまくるもこの日は、シーバスの反応が無い。

あまりにも退屈なので、購入したルアーマチックS90MLを投げさせてもらう。

このロッド、店頭価格が6000円前後とは思えないほど出来が良い。
バット部分の色がグリーンなのも、飾らなくてなかなかかっこいい、ロッド自体も重すぎず、軽すぎず、非常に扱いやすい、もちろんルアーの存在もしっかり感じられ、引き潮でできる離岸を上手に捉えているのが分かる。

最近のシーバスロッドいいね!!とか思いながら数投げていると。

( ,,`・ω・´)ンンン?

流れの中で、ルアーを掻っさらうようなバイト(汗

ヤバっ めっちゃエラ洗いさせるも、フックがしっかり掛かってて、結局ランディング

ひ、、、人のロッドを入魂してしまった、、、、、、


自粛でたまった釣り運は恐ろしぃ

シーバスロッド シマノ ルアーマチック S90ML
by カエレバ

結局5月は、月末に釣りに行けただけで、大半が自宅待機の月になってしまいました。
5月も終盤になると、メバルを探しても良い魚が出ず、今年のメバルシーズンは不完全燃焼で終了。

さて、夏の魚に入れ替わる6月、やっと海に出かけられるようになったので、今月は、海水ではアコウ、真鯛、シーバス、鰻、淡水は、バス、ナマズを浅く広くやっていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。