Takamatsu Multi Luare Fishing Blog

うなぎんぐ

最近やたら夜中に雨が降ります(;´・ω・)
6月の海は泥色で梅雨メバルなんて何処行ったんやら

さて、梅雨のライトタックルと言えば

そう 〇な〇 です。

6月はそんな ウナギ が釣れるベストシーズン!
BlogPaint
下手な絵ですが

*うなぎ釣りの仕掛け*

ロッド:一般的なメバルロット(5g程度のルアーが投げられるんがいいでしょう)
リール:なんでもええです(2500あたりが大物が来ると安心かもしれません)
ライン:なんでもええです(ここはPE 0.5ぐらいがスリリングで)
おもり:メバル用のTICT Mキャロです 6gあたりを使います。
流れの強いときは重めに


釣り針:まるせいご(売ってれば、三越ウナギがいいですが)


こんな感じです。

周りでやってる人は皆違うみたいですが
これが一般的なウナギの釣り方ですよね。

エサはミミズを使用し、竿は複数本出さず1本、置き竿にせず
手で持ち、ウナギを掛ける事に徹します。

*参考までに、、ポイントとか時間とか、釣り方とか*
(あくまで私個人の見解ですが)
地合い、出撃日:
汽水域のウナギの地合いは満潮前の1,2時間
梅雨の雨が降った1日後の夜に満潮が重なる時間帯
、汐は大潮に近いほうがいいような気がします。

ポイント:
ポイントは梅雨になると おっちゃんが 汽水域で
ミミズをつけて浮き釣りをしている河口付近です

狙う場所:
仕掛けを投入する場所は 干潮時も 水が残っている場所
橋の下のくぼ地などがいいような気がします。

釣り方:
ウナギは臭いでエサを見つけると、一気に飲み込ます
少しずつエサを食べていきます。このため最初のあたりで
合したのでは乗ることが少なく、何度か竿を引くあたりが確認
できたら、ほんの少し糸を前に出してやり、ゆっくりもとに戻します。
(ここで ラインが中に通っているMキャロが活きてきます)
こうするとやる気のあるウナギは一気に食いつこうこするので
ここで合わせを入れ、フッキングするわけです。
通常の置き竿で、魚が釣れてた場合 すでに針を飲み込んでいる
場合が多いのですが、この方法だと、口の周りにフッキングできます。

フッキングした後はもたもたせず一気に上げましょう
下手に遊ぶと絡みつかれる元です。

こんな感じで、最近は高価になった天然ウナギを狙ってみては
どうでしょう。思わぬ大物に会えるかもしれません。

今年の天然鰻が釣れたんで喰いました #ウナギ #釣り #鰻

Takayuki Yokoiさん(@taka_sinyatyoukou)がシェアした投稿 –

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。