Takamatsu Multi Luare Fishing Blog

梅雨時期にオススメ!! ナマズゲーム攻略 前編

水温が上がり、ライトゲームが成立しなくなるシーズンがやってきました。
毎年高松では、6月下旬から8月頭にかけてがそういった時期で、私の場合も地獄の豆アジングが始まるまでの約2か月、何を釣って過ごすか?毎年悩む訳ですが、、、、今年はデイナマズゲームにはまってまして、、、今回、次回と2回に分けてナマズゲームの話を書いて行こうかと思います。

 

ナマズ(マナマズ)について

マナマズは日本に分布する3種のナマズ属種の1種で、日本をはじめアジア全土に生息している淡水魚です。
大きさは30センチ程度のものから、最大が70cmにもなる魚で、小魚やカエル等を食べるフィッシュイーターです。
ルアーへの反応が良く、トップウォーター系のルアーにも果敢にアタックしてくる事から、近年専用タックルやルアーも発売され、密かな人気となっています。

 

ナマズのベストシーズンについて

ベストシーズンは、5~7月、特に梅雨時期は、まとまった雨が降り、エサとなるカエルや小魚が多く動く為、より釣りやすくなります。

なので、

6、7月のライトゲームで魚が出ない時期をしっかり埋めてくれます。

狙う時間帯について

夜行性という事から、ナイトゲームのイメージがある魚ですが、、、、

アレ、やめといた方が良いです。

ナマズの面白さは、トップで50、60cmの魚がバコバコ出てくれる所にあります。これが夜中になると、真っ暗な水面に突然響き渡る捕食音!!ある意味恐怖ゲームです。

また、

・日中と違ってストラクチャーの有無や流れ等、ナマズが付いているポイントを見分けにくい

・ルアーの位置を把握しにくい(最近はケミホをつけるルアーなんかもありますが・・・)

というデメリットもあります。

初めてのナマズゲームは、「夕まずめ」、「朝まずめ」をオススメします。

私は、

夜明けに1発狙いでショアジギ(当然ホげるw)→明るくなったらナマズを一匹やっつけて帰る

と言うのが、最近の行動パターンになっています。

 

狙うポイントについて

ナマズを狙う上で、最も重要になるのがポイント選択だと思います。
私の場合、河川でのトップゲームに絞って釣行を行っているので、下記の写真の様な、底が見える程度の水深を好んでルアーをキャストしています。

又、水深が良くても、底が砂地で、何もない場所だとデイゲームになると相当厳しくなります。

なので、、
・底にコンクリートブロックが沈んでいる場所
・着水地点は、底が見えないほど水深がある場所で、手前は底が見える水深の浅い場所
・水路の草陰、蓋のある水路の出口付近の影際
・魚道の流れが緩んだ場所

の様な

なんらかの影、水深の変化、ストラクチャー

を目印にランガンするのが良いと思います。

 

さて前編は、時間、ポイントについて書いてみました。
ここまで来ると、ナマズは出てくれたも同然、なんですが、ここからが一筋縄で行かないナマズゲーム、フッキングまで持ち込むには、色々と難しい部分があるんです。その辺は次回後編で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。